メールマガジン登録
メールアドレス:
職種:
所属:
年齢:
地域:


変更
旧メールアドレス: 
新メールアドレス: 

解除
メールアドレス: 
   
TOP ■ニュース ■インタビュー ■コラム ■インフォメーション


3Dプリンティングの新展示会「TCT Japan」
1月30日~2月1日

 
  From TCT Japan 2019

2019年1月30日(水)~2月1日(金)の3日間、東京ビッグサイト東6ホールで「TCT Japan THE EVENT FOR 3D PRINTING & ADDITIVE MANUFACTURING」が開催された。


 

●3Dプリンタ実用の時代へ

「TCT Japan THE EVENT FOR 3D PRINTING & ADDITIVE MANUFACTURING」は、今回日本初上陸となる展示会だ。本展示会はアメリカ、イギリス、韓国、中国、ドイツの5か国で25年に渡り開催されている。

ちなみにTCTとはTime Compressio Technologyの略で、コンセプトは「3Dプリンティング&AM(材料付加造形)技術の総合展」となる。3Dプリンタによる時間短縮製造のための展示会ということだろう。

会場内は、アルテアエンジニアリング、NTTデータエンジニアリングシステムズ、オートデスク、カーボン、東芝機械、三菱重工業、ストラタシス・ジャパン、テクノソリューションズ、東レ、ニコン、Formlabs、FLASHFORGE、Markforged、ミマキエンジニアリングなど、3Dプリンタメーカーをはじめ、サービス業者、材料メーカーなど国内外より約100社が出展し賑わいを見せていた。

TCT Japanは専門的なビジネスベースの展示会として、今実現している技術を今すぐに活用していくことを前提に、地に足の着いたイベントとして出展社、来場者ともに手ごたえを感じていたものと思われる。

なお、各社の最新3Dプリンタやそのモデルの紹介は2月6日からの第30回設計・製造ソリューションのレポートでお伝えする予定だ。


▲独自の造形テクノロジー「CLIPテクノロジー」で靴のソールなどの製品化を実現したCarbonのブース。(クリックで拡大)

▲低価格な光造形デスクトップ3Dプリンタ「Form2」などを展開するFormlabsのブース。(クリックで拡大)


▲おなじみのストラタシスのブース。(クリックで拡大)

▲カーボンファイバーなどの素材で強度のある造形が可能な3Dプリンタを有するMarkforgedのブース。(クリックで拡大)


▲ミマキエンジニアリングのブースではフルカラーの「3DUJ-553」を展示。(クリックで拡大)



 

[ご利用について] [プライバシーについて] [会社概要] [お問い合わせ]
Copyright (c)2015 colors ltd. All rights reserved