メールマガジン登録
メールアドレス:
職種:
所属:
年齢:
地域:


変更
旧メールアドレス: 
新メールアドレス: 

解除
メールアドレス: 
   
TOP ■ニュース ■インタビュー ■コラム ■インフォメーション


DMS2019に見る3Dプリンタの最新動向
-第1回 次世代3Dプリンタ展(2月6日~8日)- (2019/2/7)

 
  From DMS 2019

2019年2月6日(水)~8日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて「日本ものづくりワールド」内、第30回設計・製造ソリューション展(DMS)が開催された。出展社数は初出展420社、合計1,530社。その中の「次世代3Dプリンタ展」をレポートする。


 

●3Dプリンタで次世代ビジネスへ

「次世代3Dプリンタ展」は今回より新設された展示会で、3Dプリンタメーカー、システム販売会社、受託造形サービス、金属、樹脂などの材料メーカーなど、3Dプリンタ関連の多彩な企業約100社が一堂に会した。

主な出展社は、スリーディー・システムズ・ジャパン、ストラタシス・ジャパン、キーエンス、シーメット、松浦機械製作所、Formlabs。XYZプリンティングジャパン、GEアディティブ、ローランドディー.ジー.、C&Gシステムズ、エス.ラボなど。その他中国など海外メーカーも数社出展。

「次世代3Dプリンタ展」の会場内を歩く限り、次世代3Dプリンタやハードメーカーの新モデルのイベントというより、商談のための展示会という目的に沿った、現在のテクノロジーをどうビジネスに生かすかにフォーカスした内容に見受けられた。
実際、システム販売会社の出展が多く、多様な顧客ニーズに対応すべく、各社、国内外のさまざまなタイプの3Dプリンタを用意しデモを行っていた。

また汎用的な「なんでも出力できます」というアピールではなく、例えばジュエリーに特化した3Dプリンタなど、特定市場をターゲットにしたソリューションも目に付いた。これは3Dプリンタがより浸透してきた証といえる動向だろう。

出展ブースより


▲スリーディー・システムズの量産対応高速樹脂3Dプリンタ「Figure 4」。(クリックで拡大)

▲「Figure 4」の出力サンプル。(クリックで拡大)


▲Formlabsのデスクトップタイプの光造形3Dプリンタ「Form2」。(クリックで拡大)

▲「Form2」による出力物。(クリックで拡大)


▲ストラタシスの世界初フルカラー&マルチマテリアル3Dプリンタ「J750」。(クリックで拡大)

▲「J750」の出力サンプル。(クリックで拡大)


▲ローランド ディー.ジー.のフルオート&ハイスピード切削機「MODELA MDX-50」。(クリックで拡大)

▲「MODELA MDX-50」によるドローンの出力サンプル。(クリックで拡大)


▲モデリングワックス5軸切削機「MiRA 6」。(クリックで拡大)

▲「MiRA 6」のジュエリー用出力サンプル。(クリックで拡大)


▲京都の国産メーカー、エス.ラボの大型3Dプリンタ「GEM444」。(クリックで拡大)

▲「GEM444」の出力サンプル。材料はペレットで供給し、通常のものから弾力ある造形物も可能。(クリックで拡大)


▲大阪のJテクノが輸入販売しているチェコのTRILAB「DeltiQ」。三角柱のユニークなデザインとプリントヘッドの動き。。(クリックで拡大)

▲「DeltiQ」の出力サンプル。(クリックで拡大)


▲大阪のウイルが発売計画中の国立台湾科学技術大学による「T3D」。世界初のスマートフォンとタブレットによる携帯3Dプリンタだ。(クリックで拡大)

▲「T3D」による出力物。(クリックで拡大)


▲ウイルの展示ブース。(クリックで拡大)

▲T3Dは光造形タイプ。本体下部にスマートホンを置き、その上が樹脂漕。スマートフォンのディスプレイが光源となる。(クリックで拡大)

 

 

 

[ご利用について] [プライバシーについて] [会社概要] [お問い合わせ]
Copyright (c)2015 colors ltd. All rights reserved